• HOME
  • 院長ご挨拶
  • 診療案内
  • クリニック紹介
  • アクセス・診療時間

パニック障害ってどんな病気?
パニック障害とは突然起こる動悸や冷や汗、呼吸困難、吐き気などにより、このまま死んでしまうのではないか?という極度の不安と恐怖感に襲われる病気のことです。20代、30代に多く、以前は、不安神経症や過呼吸症候群といわれていたこともあります。

この発作は、10分~30分ほど(長くても1時間程度)で症状がおさまります。初めてのパニック発作の時は、救急車で病院に運ばれる場合もありますが、病院に着いたときには発作は消え、検査しても異常はみられず、気のせいなどといわれることもあり、「また、発作が起きたらどうしよう・・・」「迷惑をかけたらどうしよう」という不安(予期不安)を抱いてしまう場合があります。

予期不安があると、パニック発作を恐れると同時に、発作時に誰も助けてくれない状況を避けるようになり、乗り物に乗れなくなったり、外出できなくなったりします。

パニック障害の主な症状 ~このような症状はありませんか?~

・突然に動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの発作が起きた
・飛行機、急行電車、エレベーター、高速道路の渋滞など
 特定の乗り物や場所が苦手で
 次のような症状がでる
  -心臓がドキドキする
  -発汗(手のひらや全身)
  -体や手足が震える
  -息が苦しい
  -窒息感がある
  -胸部の痛み、不快感
  -めまい、ふらつきがある
  -死ぬのではという恐怖感